公務員試験効果的な暗記方法

効果的な暗記方法です。公務員試験勉強は、暗記がほとんどです。 しかも覚える事が多い。その割に分野によっては1問しかでない。 でも受かる為には、覚えるしかないんです。気合と根性! と思いますが、効果的な勉強法はあります。

忘却曲線を知る

忘却曲線とは、心理学者エビングハウス先生が導き出した、忘れる仕組みを曲線で表したものです。
忘却曲線グラフ
エビングハウス先生は曲線で導いたのですが、私は棒グラフにしました。 棒グラフは、頭にどれだけ覚えたことが残っているかを表しています。

基本的に暗記してから20分後には58%しか頭に残っておらず、 1時間後には44%、1日後には26%、1週間後には23%、1か月後には21%頭に残ると言われています。

この図からわかるように記憶は、時間が立つほどゆっくり忘れていきます。 よって忘れる前に記憶を定着させるように心がければ、効率の良い暗記ができると言う訳です。

私の暗記方法

人により記憶力には、違いがあると思います。
その為一概に復習は何日目が最適とは、言い切れませんが自分の記憶力にあった復習が最適です。

私は覚えたことを明日復習、3日後復習1週間後復習、1か月後復習するように心がけました。
完全に覚えた内容は飛ばします。
このように早期の復習が暗記には最適なのです。

 日付け  政治  経済  日本史
 1日  国会  ミクロ  江戸
 2日  裁判  マクロ  明治
 3日  地方  経済史  明治2

このような表を作り復習した所に○をつけていけば忘却曲線に従い効率の良い勉強が可能になります。

暗記はよく夜が効果的と聞きますが、私は朝復習していました。 私の場合夜は朝から長時間勉強していた事も有、頭に詰め込みすぎて 夜には集中力がなくなってしまっていたからです。
よって私は朝復習をおすすめします。その方が状態の良いうちに復習と出来る為効率よく暗記作業が出来ます。 是非参考にしてみてください。

有名な予備校の公務員講座一覧

公務員予備校
公務員講座を開講している大手予備校の特徴をまとめました。公務員予備校に興味のある方はコチラの記事も読んでください。
資料請求しておくと便利!
1、興味がある予備校の資料を請求しておく事で他校との比較がしやすく、自分に適した予備校が選べ、予備校選びに失敗しない。
2、模試などの年間日程が記載されている為、他の予備校で模試を受けようと思っている方は資料請求しておくと予定が組みやすい
3、最近の筆記試験の傾向や面接試験の傾向などが記載されている事が多いので為になる。
公務員予備校の一括資料請求はコチラ

関連記事

模試受験について

公務員試験独学か予備校か

ページの先頭へ