公務員予備校の費用(学費)を徹底調査

公務員予備校費用
公務員予備校の費用ってどれくらいかかるの?といった方に向けて公務員試験対策講座を 行っている大手予備校の学費を徹底調査しました。 参考になれば幸いです。
ネット上では50万と言われているサイトを多く見かけますが、それは専門 科目も含めた費用です。だいたいの相場は教養コース25万円~30万程度、専門科目も入れば50万円程度といった感じです。 昨今の公務員試験は教養試験のみの試験も多い為だいたい25万~30万程度で受講が可能です。 また1年通うのか?半年なのか?で費用も変わってくる為、ここに記載している情報はあくまでも参考程度にし、 興味のある学校は資料を請求したり予備校スタッフに相談すると良いでしょう。資料を請求しておくと割引券 等ついてくる場合もある為お得に受講できます。

費用は高い方が良いのか?安い方が良いのか?

費用は高い方が良いのか?安い方が良いのか?気になる方もいると思いますが高いから良い 安いから悪いとは限りません。あくまでもその校舎にいる講師の質で良し悪しが変わります。只費用が 高い学校というのは人件費を多く払っている可能性が高い為講師の質は高い傾向にあると思います。
受験自治体にもよりますが、私のオススメは東京アカデミーやTACが良いと思います。
理由は公務員試験において重要科目でもある時事問題の本試験的中率が東京アカデミーのテキストは高いです。
TACは有名講師が多い傾向にあります。
只公務員試験対策をする講師の業界は移り変わりが激しい業界だと私は感じているので資料請求 をし行けそうだと感じた予備校に 訪問してみたり、本試験的中率などを資料で調べ比較し決断すると良いと思います。
試験に合格すれば費用は直ぐ取り戻せます。よって費用で決めるのではなく自分がここの予備校で あれば受かりそうだと感じればその予備校で学習すると良いのではないでしょうか。

東京アカデミー

公務員合格コース大卒程度
通学コース・・・324,000円(昼の部夜の部があるみたいでそれによっても費用が変わってくるみたいです)
web+音声ダウンロードコース・・・324,000円
dvd通信コース・・・355,000円
⇒東京アカデミー公式サイト
地方初級・国家一般コース
通学コース・・・226,000円(昼の部夜の部があるみたいでそれによっても費用が変わってくるみたいです)
web+音声ダウンロードコース・・・226,000円
dvd通信コース・・・247,000円

東京アカデミーは学費を分割で支払えるの?と疑問を感じる方もいると思われますので記載をして置くと分割払は 可能です。支払方法はカード払いとなります。そして東京アカデミーの費用は安いのか?高いのか?ですが公務員予備校の中では費用は高めの学校になります。只合格実績も高い為私個人としてはお勧めです。

東京アカデミー公式サイト

資格スクール大栄

教養ロングコース
通学コース・・・329,832円
⇒資格スクール大栄公式サイト
国家一般地方上級併願コース
通学コース・・・497,016円

資格スクール大栄も分割払い可能です。支払方法はクレジットカードです。大栄スクールの費用は 公務員予備校の中でも高い予備校になります。

資格スクール大栄公式サイト

TAC

教養科目本科生コース
通学コース・・・221,000円
通学dvdコース・・・237,000円
通信コース・・・221,000円
⇒TAC公式サイト
地方上級国家一般併願コース
通学コース・・・514,000円
通信コース・・・514,000円

TACも分割払い可能で公務員予備校の中では比較的安い予備校になります。只専門科目も合わせると 費用がかなり高くなります。TACも東京アカデミーに並び最終合格者 が多い為お勧めできる予備校です。

TAC公式サイト

大原

教養コース
通学コース・・・237,000円
dvd通信コース・・・257,000円

大原も分割払い可能です。費用に関しても比較的安めです。只専門学校の方になると費用は高くなると思います。

⇒大原公式サイト

大原の専門学校をご検討中の方はコチラ
⇒大原専門学校公式サイト

レック

スペシャルコース(国家一般地上向け)
通信コース・・・272,290円
⇒レック公式サイト
教養コース
通信コース・・・143,720円

レックも分割払い可能です。カード払いになります。費用に関しては公務員予備校の中でもレックは安いです。

レック公式サイト

学費以外にかかってくる費用

学費以外にかかる費用も考慮しておくと良いでしょう。
例えば通学するのであれば・・・

  1. 通学費
  2. 他の問題集
  3. 模試費用
などです。2の問題集についてですが、予備校教材に加え実務出版のスー過去は必ず行った方が良いのでプラス かかる費用にいれました。3の模試費用についてはパック形式で受講すれば費用はかからない所が殆どだと思いますが、 パックで無ければ費用がかかるので注意が必要です。

最後に

この他にも様々なコースが有ります。上記で記載したコースは一般的なコースですが、その他にも科目ごとに受講出来たり 予備校によっては志望先別自治体コース等もあります。 予備校の選び方としては自習室は無料で使い放題なのか?や面接対策は何処まで 行ってくれるのか?など勉強以外のサービス充実度も調べておくと良いでしょう。

有名な予備校の公務員講座一覧

公務員予備校
公務員講座を開講している大手予備校の特徴をまとめました。公務員予備校に興味のある方はコチラの記事も読んでください。
資料請求しておくと便利!
1、興味がある予備校の資料を請求しておく事で他校との比較がしやすく、自分に適した予備校が選べ、予備校選びに失敗しない。
2、模試などの年間日程が記載されている為、他の予備校で模試を受けようと思っている方は資料請求しておくと予定が組みやすい
3、最近の筆記試験の傾向や面接試験の傾向などが記載されている事が多いので為になる。
公務員予備校の一括資料請求はコチラ

関連記事

公務員試験面接、口述試験の裏技

公務員志望動機ランキング

クールビズでの面接ってあり?公務員試験の疑問

ページの先頭へ