公務員試験の時事対策

基本的に時事といった問題はないのですが(ある場合もあります)
法律科目 政治科目 経済科目 で織り交ぜて出てくるのが時事です。
よって問題数としてはかなり出ます。
それほど重要な科目が時事なのです。
また時事を勉強しておくと2次試験以降の教養論文や集団討論また面接でも使えるため、必ず勉強しましょう。

そして公務員試験の時事問題は民間の時事問題と違い、白書、統計、施策、動向が問われます。
何故ならば公務員は動向をよみ統計をとって施策を考え白書にすることが仕事である為このような知識が問われるのです。
どういうこと?って方は全ては速効の時事につまっている為一度読んでください。

時事の勉強方法

速効の時事
速効の時事 実務出版

新聞を読めと言った意見もよく聞きますが、公務員試験においては、新聞読んでるより
速効の時事を読んだ方が得点に繋がります。

基本的には速効の時事を読み、速効の時事実践トレーニングと言った
問題集を解きまくる事につきます。
そして速効の時事は最新刊を購入する事、(だいたい3月に最新刊がでます)
同じ内容もありますが、新しい事も記載されている為です。

出題傾向に関しては非常にバラつきがある科目なので全て押さえておきましょう。

速効の時事(実務出版)の内容

テーマが12章に分かれております。
1、国内政治
2、国際政治
3、日本経済
4、経済政策
5、財政
6、世界経済
7、厚生
8、労働
9、文部科学
10、環境
11、司法警察
12、社会問題といったテーマに分かれています。

本の厚さは他の公務員試験の問題集に比べ薄い為うれしい限りです。
そして薄いにも関わらずかなり出るといった充実した内容です。

速効の時事が読み終われば必ず速効の時事実践トレーニングで問題を解きまくってください。 昔であれば速効の時事だけで対応できたと言われていましたが、昨今の公務員試験ではこの2冊行うことをおすすめします。

私の勉強方法

時事に関しては比較的頭に入りやすい科目であった為あまり工夫はしていませんが、
重要キーワードは緑のマーカーで引き赤のシートで隠して暗記していました。
そして私は1日1テーマ問題を解きました。

時事に関しては頭に入りやすい為本試験3か月前からでも十分間に合うでしょう。例えば3月に最新刊が出て購入し6月末にある地方上級試験に間に合わせる事も可能です。

また予備校で時事講座を聴き最新の時事について学びました。
予備校の講義は速効の時事より最新でその背景についても教えて頂けた事が良かったです。
本試験では速効の時事だけでも問題はない気がしますが、不安な方は予備校の時事講座を申し込むのも手だと思います。

有名な予備校の公務員講座一覧

公務員予備校
公務員講座を開講している大手予備校の特徴をまとめました。公務員予備校に興味のある方はコチラの記事も読んでください。
資料請求しておくと便利!
1、興味がある予備校の資料を請求しておく事で他校との比較がしやすく、自分に適した予備校が選べ、予備校選びに失敗しない。
2、模試などの年間日程が記載されている為、他の予備校で模試を受けようと思っている方は資料請求しておくと予定が組みやすい
3、最近の筆記試験の傾向や面接試験の傾向などが記載されている事が多いので為になる。
公務員予備校の一括資料請求はコチラ

ページの先頭へ