公務員試験情報サイトこむいん

皆さん採用試験情報はどうやって探していますか? 私は予備校の情報とこむいんといったサイトを使い探していました。

行政職の採用試験は年中何かしら出ています。 A日程B日程C日程だけではありません。 国立大学法人も独自日程で採用を行う大学も増えました。 自治体に関しても独自日程で採用試験を行う所も増えました。
これは沢山の人中から優秀な人を採用したいという人事の考えがあるからだと思います。

そしてこの流れは受験生にとってチャンスが増える事を意味します。
公務員試験にとって難関の試験面接があります。 面接は必ずしも受かるといった保証はありません。 人事の職員によってその人の見え方が変わるからです。

面接の内容もやはり人により違います。
よって沢山の試験に通り面接を沢山受ける方が採用される確率は高まります。

私は予備校時代他の受験生が面接の練習をする所を沢山みましたが、だいたい2極化していると思います。
すごく充実した内容の人と「うーんまだ対策が出来ていないな」といった人に分かれます。

しかし合格者は必ずしも前者だけが合格しているわけではないです。
ここが面接試験の怖い所です。

なので沢山の試験に通り沢山面接を受けた方が良いのです。
面接も沢山受けると慣れてきますし、対応力がつくため有利になります。
なのでこむいんといったサイトを活用し沢山の採用試験を受けてくださいね。

スポンサードリンク

採用試験情報サイトこむいん

正直どこからこれだけ情報を集めているの?て感じるくらいすごいです。
こむいんを使い沢山採用試験を受けてくださいね
こむいんのサイトへはコチラです。

こむいんはコチラから

備考にはなりますが、リクナビネクストも最近では公務員や団体職員の求人が増えてきています。こむいんと併用して使うと良いと思います。
会員登録は無料なので登録しておいて損はないでしょう。

リクナビNEXTはコチラから

スポンサードリンク
有名な予備校の公務員講座一覧

公務員予備校
公務員講座を開講している大手予備校の特徴をまとめました。公務員予備校に興味のある方はコチラの記事も読んでください。
資料請求しておくと便利!
1、興味がある予備校の資料を請求しておく事で他校との比較がしやすく、自分に適した予備校が選べ、予備校選びに失敗しない。
2、模試などの年間日程が記載されている為、他の予備校で模試を受けようと思っている方は資料請求しておくと予定が組みやすい
3、最近の筆記試験の傾向や面接試験の傾向などが記載されている事が多いので為になる。
公務員予備校の一括資料請求はコチラ

関連記事

模試受験について

公務員試験独学か予備校か

準公務員求人探し方

ページの先頭へ