公務員試験経験者採用について

昨今の公務員試験は経験者採用枠が増えてきたように感じます。
経験者採用とは具体的に民間企業で正社員としての経験があるものが受験できるといった内容です。
しかし自治体によっては年齢制限さえ満たしていれば受験可能な自治体も多くあります。
この流れは自治体が民間企業で培ったノウハウを公務員として活かして欲しいといった考えや職員の年齢層の調整とも考えられます。
女性アドバイザー

経験者採用の試験内容

自治体により違いがある為一概には言えませんが基本的には筆記試験(教養試験)
40問から50問の5択の試験です。
科目は社会科学 人文科学 自然科学 数的処理 文章理解 時事です。
次に論述試験そして面接や集団面接 集団討論等が課されます。

筆記試験の得点自体は新卒採用に比べ低いと言われています。
しかし6割は取って置きたい所です。

経験者採用は新卒採用と違い非常に面接が難しくなります。
自分は組織の一員として何が出来てどう即戦力として業務を行えるか?
等詳しくみられます。

倍率も新卒採用と比べ高くなる傾向にあります。
しかし公務員試験はやれば何とかなる試験です。

公務員の仕事に魅力がありこのような街づくりがしたい等強い信念があれば
是非チャレンジしてみてください。

年齢制限と採用情報

基本的には20才位から59才まで受験可能な自治体がありますが多くの自治体は30才まで若しくは34才まで受験可能の自治体が殆どです。 経験者採用は新卒採用と違い即戦力になるかが問われます。 受験資格がある自治体は色々受験してみてください。

また採用情報は4月から3月まで不定期に出されていますが、経験者採用枠は秋から冬あたりに募集が多くでる傾向があります。(関西の自治体)
なので目指している自治体のHPはチェックしておくことをお勧めします。

年齢制限をまとめた記事です参考にしてください。
年齢制限について


また公務員の求人情報探しの記事です。参考にしてください。こむいんを活用しよう

有名な予備校の公務員講座一覧

公務員予備校
公務員講座を開講している大手予備校の特徴をまとめました。公務員予備校に興味のある方はコチラの記事も読んでください。
資料請求しておくと便利!
1、興味がある予備校の資料を請求しておく事で他校との比較がしやすく、自分に適した予備校が選べ、予備校選びに失敗しない。
2、模試などの年間日程が記載されている為、他の予備校で模試を受けようと思っている方は資料請求しておくと予定が組みやすい
3、最近の筆記試験の傾向や面接試験の傾向などが記載されている事が多いので為になる。
公務員予備校の一括資料請求はコチラ

関連記事

働きながら公務員になるにわ

準公務員求人探し方

公務員試験独学か予備校か

ページの先頭へ