LEC公務員対策講座ってどう?評判や口コミ学費等

レック評判
LEC公務員講座の評判についてまとめました。 予備校選びの参考にしてみてください。

LEC公務員講座の特徴

LECは法律系に強いと言われています。確かに法律科目の先生の教え方は上手だと思います。 校舎によりますが、法律科目においては講師の教え方が丁寧で解りやすいです。この理由は多分 LECが法律系の資格の学校である事から法律科目に特化している講師が多くいると予測されます。
⇒LEC公式サイトはコチラ

LECの教材って良い?

教材ですが基本的にはLECのオリジナル教材を通し学習していくスタイルですが、講師によっては 実務出版のスー過去を基に勉強をおこなったりする場合もあります。オリジナルテキストの問題は クイックマスターの問題なのでクイックマスターを行った事がある方はあれくらいのレベルだと 思っておけば良いと思います。

レックは費用が安い

レックの公務員講座は他の予備校に比べ費用が安いです。

スペシャルコース(国家一般地上向け)
通信コース・・・272,290円
教養コース
通信コース・・・143,720円

公務員予備校費用の相場は教養試験対策で25万程度、専門試験も合わせると50万程度かかりますが、レックは上記の 値段です。他にも単科受講できその自治体にあったコースも有ります。
個人的な意見ですが、通学コースの先生よりも通信の先生(DVD受講)の方が教え方が上手だと思います。しかし通学するメリットはかなりあります。例えば、試験情報、自治体の政策、合格者の話など入ってくる情報が圧倒的に多いのは通学コースなので、通学の方がオススメです。
⇒LEC公式サイトはコチラ

レックの面接対策

レックの面接対策はリアル面接シュミレーションと言って本試験と同じような感覚で面接の練習を行います。 ビデオに録画し自分の面接を客観的に見る事が可能なのですが、利用するのは数回で良いと思います。リアル 面接シュミレーションは様々な面接講師の方にアドバイスを頂けるのですが、色々な意見があり「前回ではココが 評価されたのに、今回は評価されたところがダメだしされた」など有り何が良いのか迷ってしまいます。 それよりも担任の講師に相談し面接対策を行ってもらう方が良いと思います。

トップ合格者はレックが多い

公務員試験上位合格者はLECが毎年多いです。でもこれは予備校を選ぶ時の参考にしてはいけません。 LECは有名大学と協力して有名大学の公務員受験学生に向けて講義を行っています。コチラの合格者についても カウントしている為他の予備校とこの部分を比較しても意味がないと思います。 しかしLECには合格アドバイザーというサポートがあり、その年の合格者が受講生にノウハウを教えるサービスを行っています。
合格者のノウハウはかなり役に立ちます。面接や討論など様々な場面で役に立つと思います。
デメリットとしては、自習室にお金が掛かる事とリアル面接シュミレーションといった面接風景を動画でとってくれるサービスがあるのですが費用がかかる点(受講プランによっては無料)です。その他いろんな講座がある為ランニングコストはかかってくるでしょう。

最後に

LECに関してはWEBで少し叩かれていますが、個人的には悪くない予備校です。レックが出版しているクイックマスター は良い問題集ですし講師の質は各校舎によりけりですが私の通学していた講師の授業はわかり易く丁寧で良かったです。

私の個人の意見としては国家総合職や政令指定都市ならLECかTAC
警察官、消防、教員、地方の自治体職員は東アカといった感じです。
自分が目指す所にあった予備校を選ぶ事がなにより大切です。予備校に通うには費用がかかりますが、 受かれば最初の初任給でチャラにできます。また3校くらいは資料を請求し 検討する方が多いので東京アカデミー、TAC、LECが自宅の近くに有れば3校比較し決めると 良いと思います。一番下のリンクから楽に資料は請求出来る為もし興味があれば閲覧して下さい。
⇒LEC公式サイトはコチラ

有名な予備校の公務員講座一覧

公務員予備校
公務員講座を開講している大手予備校の特徴をまとめました。公務員予備校に興味のある方はコチラの記事も読んでください。
資料請求しておくと便利!
1、興味がある予備校の資料を請求しておく事で他校との比較がしやすく、自分に適した予備校が選べ、予備校選びに失敗しない。
2、模試などの年間日程が記載されている為、他の予備校で模試を受けようと思っている方は資料請求しておくと予定が組みやすい
3、最近の筆記試験の傾向や面接試験の傾向などが記載されている事が多いので為になる。
公務員予備校の一括資料請求はコチラ

ページの先頭へ