社会科学対策

出題傾向を知る

憲法政治
法学 A あえて言うなら民法の相続分野はあまり出ない
日本国憲法 A 判例や基本的人権が重要
政治学 A まんべんなく出る
国際関係 A まんべんなく出る
  経済
 ミクロ  A  まんべんなく出る
 マクロ  A  まんべんなく出る
 財政学  A  まんべんなく出る
 経済事情  A  まんべんなく出る
 経済史  A  アダムスミス、マルクスかなり出る
  社会学
 社会学  C  あまり出ません
  時事
 時事  A  かなりでます
社会科学

社会科学勉強法

公務員試験において、社会科学は重要です。しかし覚える事も色々あり大変です。
具体的な勉強方法としては、過去問を解きまくる事です。
そして重要な問題から覚えていくことです。

参考書により出やすい所はabcなどランクわけされていますので重要な所から学習していくことがオススメです。

社会学に関しては私自身試験で見たことがない為勉強しなくて良いと思います。
時間がある方だけ勉強しましょう。

時事は、政治、経済、憲法と織り交ぜて問題が出題されます。
例えば、
問1国会について
択一
1国会の問題
2国会の問題
3国会の問題
4国会の時事
5国会の時事

このような形式で出題される事が多々ありました。
時事はかなり重要です。


私の勉強法

憲法に関しては、色々ありますが、判例をイメージすると覚えやすいです。
例えば堀木訴訟は、堀木さんが障害福祉年金と児童扶養手当の併合禁止の合憲性が争われました。
これは、合憲になりました。
といったように物語をイメージすることです。

経済に関しては、経済用語がかなりでてきます。知らない人はなんやこらと思うかもしれませんが、大丈夫。
経済用語を他に例えましょう。
例えば、効用=満足感といったように覚えます。
そうすれば教養試験に関しては楽にわかります。

オススメ参考書

社会科学のオススメ参考書です。

スーパー過去問ゼミ社会科学 実務出版
クイックマスター社会科学  リーガルマインド
速効の時事 実務出版



有名な予備校の公務員講座一覧

公務員予備校
公務員講座を開講している大手予備校の特徴をまとめました。公務員予備校に興味のある方はコチラの記事も読んでください。
資料請求しておくと便利!
1、興味がある予備校の資料を請求しておく事で他校との比較がしやすく、自分に適した予備校が選べ、予備校選びに失敗しない。
2、模試などの年間日程が記載されている為、他の予備校で模試を受けようと思っている方は資料請求しておくと予定が組みやすい
3、最近の筆記試験の傾向や面接試験の傾向などが記載されている事が多いので為になる。
公務員予備校の一括資料請求はコチラ

ページの先頭へ