自然科学対策

出題傾向を知る

 地学
地球の内部構造  A  地震が良く出る
 岩石と地層  B  地震や宇宙ほど出ないがたまに出る
 気象現象  B  地震や宇宙ほど出ないがたまに出る
 宇宙  A  まんべんなく出る
  生物
 生物  A  まんべんなく出るが、光合成、神経系が良く出題される。
 化学
 化学  A  周期表が良く出るがまんべんなく出る
物理
 物理  A  力の分野が良く出題される(問題自体は簡単)
 数学
 方程式  A  数学で1番出る
 2次関数  A  2番目に出る
 その他  C  まんべんなくでる

勉強法

自然科学に関しては、生物2問、その他1問出る傾向があります。
私自身、生物、地学に力を入れその他はあまりやっていないですが、正直数学や物理もやった方がいいです。物理は、問題が簡単です。数学は得意な方はすぐ解けるでしょう。

昨今の公務員試験では、捨て科目をあまり作らない方が得策です。
切るのであれば、分野を切りましょう。
例えば、地学で気象は一概に言えませんが出ない確率が高いです。
時間がなければこのように分野を切ることをおすすめします。



私の勉強法

自然科学も、語呂合わせでよく覚えました。
例えば、地下マンがないがもぐれ。と覚えます。
地殻、マントル、外核、内核、モホロビチッチ不連続面、グーテンベルグ面、レーマン面という地球の内部構造です。そして外核だけ液体という感じで覚えました。

あとは、過去問の解きまくりです。

オススメ参考書

自然科学のオススメ参考書です
サクセス自然科学  リーガルマインド←これは、かなり良かったです。
レックのサイトで購入可能です。

過去問ダイレクトナビ 実務教育出版

有名な予備校の公務員講座一覧

公務員予備校
公務員講座を開講している大手予備校の特徴をまとめました。公務員予備校に興味のある方はコチラの記事も読んでください。
資料請求しておくと便利!
1、興味がある予備校の資料を請求しておく事で他校との比較がしやすく、自分に適した予備校が選べ、予備校選びに失敗しない。
2、模試などの年間日程が記載されている為、他の予備校で模試を受けようと思っている方は資料請求しておくと予定が組みやすい
3、最近の筆記試験の傾向や面接試験の傾向などが記載されている事が多いので為になる。
公務員予備校の一括資料請求はコチラ

ページの先頭へ