地方上級、中級、初級の違いについて

地方上級、中級、初級基本的には、あまり変わりありません。
しかし地方上級というのは都道府県庁や政令指定都市の試験の事を指します。
そして市役所上級は、大卒区分、中級初級は高卒区分になってはいますが大卒でなくて も市役所上級試験が受けれる自治体もありますし、 大卒でも中級や初級を受けれるところがほとんどです。
生徒

スポンサードリンク

試験内容の違い

初級中級は、地方上級に比べ問題は簡単な傾向があります。 しかし中級初級は、簡単なぶんボーダーラインが上がります。 ボーダーラインとは最低合格点です。
地方上級のボーダーラインは6割程度と言われていますが、 初級中級は、7割程度と言われています。

地方中級を受けますが地方上級と勉強内容は同じ?

はい、同じです。基本的には地方上級の問題集を行っていれば問題ないです。 当サイトでオススメしている、
実務出版のスーパー過去問
リーガルマインドのクイックマスターを行っていれば問題なく対応できます。
スー過去、クイックマスターについては下記のリンク先に記載しています。
スーパー過去問ゼミについて

クイックマスターについて

スーパー過去について

過去問

地方上級と中級では仕事内容は違う?

自治体によって違いはあると思いますが、基本的に入ってからなら職員内で試験を受ける事ができます。
なので希望の業務につくことも可能です。

どっちの試験が受かりやすい?

一概には言えませんが地方上級は中級初級に比べ問題が難しいです。
しかし面接の倍率は下がります。 それに比べ中級や初級は問題は簡単になりますが面接の倍率が上がる可能性があります。

スポンサードリンク
有名な予備校の公務員講座一覧

公務員予備校
公務員講座を開講している大手予備校の特徴をまとめました。公務員予備校に興味のある方はコチラの記事も読んでください。
資料請求しておくと便利!
1、興味がある予備校の資料を請求しておく事で他校との比較がしやすく、自分に適した予備校が選べ、予備校選びに失敗しない。
2、模試などの年間日程が記載されている為、他の予備校で模試を受けようと思っている方は資料請求しておくと予定が組みやすい
3、最近の筆記試験の傾向や面接試験の傾向などが記載されている事が多いので為になる。
公務員予備校の一括資料請求はコチラ

関連記事

模試受験について

公務員試験独学か予備校か

公務員に成りたいけど具体的になにをすれば良い?

ページの先頭へ