準公務員やみなし公務員の求人探し方

公務員試験を目指されている方で準公務員やみなし公務員と呼ばれる法人にも併願する方は多いのではないかと思い記事を記載しました。

公務員になり、行いたい職種ってあると思いますが、公務員のような職種にも準公務員やみなし公務員であればなれるのです。また 民間企業に比べて安定感もありますよね。

例えば社会福祉協議会と市のケースワーク業務は少し似ている所がありますね。

ではこのような準公務員にどうすればなれるのでしょうか?法人によって採用試験が違いますが
私の受験した所は教養試験と論文と面接でした。

準公務員やみなし公務員と呼ばれる法人はこのような採用試験を行っている所は多いのではないでしょうか?また試験のボーダーラインは公務員試験に比べ少し下がると言われています。

私の知人の中には準公務員として働いている方が多くいます。みなさん同じように論文、面接、筆記を合格し採用されたわけですが、 公務員試験ほど勉強している方は少なく、どちらかというと働く法人について調べている方が多くいました。なので無勉ではきびしいですが、 公務員試験勉強をおこなった方であればそれ程難しくなく、ライバルも少ないと考えられます。

公務員と準公務員を併願する事でなりたい自分になれる確率は高まりますので、併願する事はおすすめです。

準公務員みなし公務員求人募集の探し方は?

次に求人の探し方ですが具体的には求人サイトやハローワーク、予備校などの情報で探しました。
予備校の情報は何もしなくても先生から連絡が来るのですが、ハローワークでは自分から探さねばいけませんので、 勉強の時間を割いてしまいます。

なので求人サイトに登録し公務員、団体職員のカテゴリーをチェックして探します。
または、公務員団体職員希望でスカウトメールに登録しておくと情報が入ってきます。
あとはこむいんと言った求人サイトでも沢山、求人情報が掲載されています。

私の使った求人サイト

私が公務員受験生の時、利用していた求人情報サイトで一番利用頻度が高かったのは予備校の求人情報です。 次にこむいんか求人サイトですね。

求人サイトはリクナビとDODAを使っていましたが、DODAよりもリクナビやリクナビNEXTの方が準公務員の求人情報が 多くありました。

備考になりますが、私が就活していた時よりリクナビネクストの公務員や団体職員の求人が増えている気がします。 こむいんとリクナビネクストの併用が一番おすすめで、求人を見逃すといった事が少なくなるとおもいます。

登録も無料なので登録して損はないでしょう。面接などの相談も行ってくれるので。

リクナビネクスト公式サイトを見てみる

こむいんも求人情報が豊富であるため定期的に閲覧しましょう。

こむいん公式サイトを見てみる

備考ですが、マイナビも求人がたまにでています。

マイナビエージェント

まとめ

第一志望は公務員で第二志望は準公務員と言った感じで視野を広げる事は良いと思います。
昨今は準公務員もかなり人気があり狭き門となっていますが、受験の練習にもなるし受験する事は良いと思います。 ちなみに社会福祉協議会や商工会は2月~3月末にかけて求人が多く出てます。

最後に準公務員と公務員の違いは公務員は国や地方自治体による直接雇用になりますが
準公務員は国や地方が設立する別の組織に雇用され研究機関や学校 病院 社協 商工会などあります。
給与などは公務員に準じて決まると言われています。
是非色々受験してみてください。

有名な予備校の公務員講座一覧

公務員予備校
公務員講座を開講している大手予備校の特徴をまとめました。公務員予備校に興味のある方はコチラの記事も読んでください。
資料請求しておくと便利!
1、興味がある予備校の資料を請求しておく事で他校との比較がしやすく、自分に適した予備校が選べ、予備校選びに失敗しない。
2、模試などの年間日程が記載されている為、他の予備校で模試を受けようと思っている方は資料請求しておくと予定が組みやすい
3、最近の筆記試験の傾向や面接試験の傾向などが記載されている事が多いので為になる。
公務員予備校の一括資料請求はコチラ

関連記事

公務員試験独学か予備校か

ページの先頭へ