公務員試験の面接カードの書き方

面接カードの書き方についてですが、はじめに面接カードは合格するために必要な 重要項目です。しっかり考え、記載していかなければなりません。
私の受験した自治体では面接の際、面接カードの中から殆ど質問がなされました! つまり面接カードは採用側の聞きたい項目が記載されているのです。 そして採用側の条件と志望者の要素がマッチ出来れば合格に至るのです。
採用担当者に聞いたのですが、多くの受験生が記載する面接カードは、 ありふれた内容の面接カードが多いと聞きしました。 なので合格者には経歴が良かったり学歴が良かったりする人が多いのです。
例えば同じ志望動機で見た感じも同じ人A君B君がいたとします。 そこでA君は有名大学出身、B君は無名大学出身だとすればA君を採用しますよね?
しかし実際には有名大学でなく経歴が悪くても合格している人はたくさんいます。
これは受験先のニーズと受験者の要素がマッチしているからです。
このことを最初に深く考えていきましょう。
スポンサードリンク

面接カードの体裁

前回も記載している為必要のない人は次の項目を読んでください。
1、基本冒頭は1マスあける。
それ以外は開けなくて良い。1つの質問に対し300字程度の場合

2、良い言い回しを使う。
例えば貴方が接客が得意であれば→私はお客様対応が得意です。と記載する。
この辺りは学生課の先生やハローワーク、ジョブカフェなどを利用すると教えて貰えるため利用すれば対策可能です。

3、志望先のやりたい仕事や政策面で感銘を受けた政策は1つ入れておいた方が良い
これは面接官に「私は御自治体について深く調べており、それだけ御自治体のお役に立ちたい!」といった熱意アピールになるからです。

4、これが正解という事はないので熱意を込めて書こう(文字はきれいに) 自分が職員になった時をイメージして熱意と情熱を持ちながら書こう。
ある論文添削の先生がおっしゃっていたのですが、文字を見て熱意がある文字、勢い がある文字はわかると仰っていました。なので熱意をもって書こう。そして自分が出来る最大限の綺麗な文字を書こう。

独学の方はハローワークやジョブカフェで一度は添削を受けるように、何度も書き直していくうちに上手く面接カードは書けるようになります。
前回でも記載しましたが体裁面で気を付ける事はこれぐらいです。

面接カードについて深く考える

面接カードで深く考える部分は
1、志望動機
2、自己の強み
3、過去の経験
の3点だと思われます。ここで一つ考えてみて下さい、未来と過去について 未来というのは自分のやりたい事(志望動機にあたる)、過去は過去の経験(自己の強み)です。 例えばやりたいことが消防官で過去の経験がサッカー選手だとすると並外れた体力があると言った点がマッチングポイントになります。
因みに自治体の契約社員が筆記試験に合格したあと面接にも通りやすいのはマッチしているからなのです。 しかし公務員と言った仕事を経験した事のない受験者の方が圧倒的に多いと思われます。ライバルたちはみんな同じ土俵に立っている! よって書き方次第で合否を左右するのです。

「私は過去の経験なんてたいした経験なんてない」と思われる方が多いかもしれないが、みんな同じです。過去の経験が素晴らしい成績の人ばかりであれば今の日本はカリスマ集団だが実際の所はそうでもないです。周りを見渡せばすごい経歴の人はほんの一握りしかいないのが現実です。

しかし面接では受験生(ライバル達)は話を盛る為すごい人が多い様に感じますが、実際に凄い人はあまりいないでしょう。 よって面接ではほぼ皆同じ土俵にいる事は間違いないのです。

このことから未来(動機)と過去(強み)さえマッチすれば合格率は一気に高まると言えるでしょう。しかしこのマッチと言った部分がかなり難しい為早目の対策が必要になります。
早めの対策とマッチングを考える事が何より大切で・・・
例えば過去がミュージシャンだとします。そして未来が行政事務職員と考える。 いっけん何のかかわりもないようですが、マッチポイントは見つかります。 ミュージシャンと言っても演奏だけが仕事でない、イベントを組んだり交渉の場面もかなりあります。 これは企画力といったマッチングポイントが生まれます。
行政事務でも実際、イベント企画業務はあります!公務員といった仕事は多岐にわたる為この部分を考えればマッチングポイントは必ず生まれます。
この点を是非深く考えて見る事をオススメします。

まとめ

面接カードに正解は無い為色々な志望理由とPRがあって良いと思う。面接講座など様々なサービスがあるが人により意見はバラバラなので・・・ある程度相談すれば後は自己流で書く方が良いと思われます。むしろその方が良いと思う。

何故ならば人事職員は見慣れた面接カード、聞きなれた面接を見すぎて飽き飽きしているので・・・それでは経歴か学歴で選ぶしかないですよね。

よく合格者や予備校講師が口にしている一つ光るものがある者が採用されると言うが (規模の大きな自治体や国家公務員の面接ネガティブチェックでなくポジティブチェックの場合)

これは完全オリジナルで作ったマッチした内容の面接カードや面接では無いでしょうかか? 正直無職でも受かっている人がいる事は事実です。 是非諦めずに頑張って欲しい。
スポンサードリンク

有名な予備校の公務員講座一覧

公務員予備校
公務員講座を開講している大手予備校の特徴をまとめました。公務員予備校に興味のある方はコチラの記事も読んでください。
資料請求しておくと便利!
1、興味がある予備校の資料を請求しておく事で他校との比較がしやすく、自分に適した予備校が選べ、予備校選びに失敗しない。
2、模試などの年間日程が記載されている為、他の予備校で模試を受けようと思っている方は資料請求しておくと予定が組みやすい
3、最近の筆記試験の傾向や面接試験の傾向などが記載されている事が多いので為になる。
公務員予備校の一括資料請求はコチラ

関連記事

公務員職員採用説明会での質問内容!聞いておいて損はない3点

公務員志望動機ランキング

クールビズでの面接ってあり?公務員試験の疑問

ページの先頭へ