公務員試験SPI対策

昨今関西の自治体では1次試験に従来の公務員試験ではなくSPIを取り入れる自治体が増えてきました。SPIは基礎能力試験とも言われています。
SPIの場合1次合格者を多く出す自治体が多い為、面接がより難しくなると考えられます。

スポンサーリンク

SPI概要

 

基本的にテストセンターと呼ばれる所(WEBで受験する場合)と試験会場でペーパーテストを行う所が多いです。
テストセンターでは、言語分野、非言語分野、合わせて約35分で行われます。そして性格検査30分です。
ペーパーテストの場合は、言語分野30分、非言語分野40分、性格検査40分です。問題数は約、言語分野45問、非言語分野30問くらいです。

あくまでも推測ですが6割取れれば1次試験は通ると言われています。 しかし受験生が多い自治体ではSPI偏差値がぐんと上がるので注意が必要です。
SPI2やSPI3など種類は様々ありますが、基本的に問題は変わりはありません。 出題傾向ですがバラバラなので参考書を1通り行うことがベストです。

誤謬率について

SPIには誤謬率といった採点方法があります。これは解答の中の間違いの割合です!
例えば50問中45問正解で間違いなしと50問中46問正解で4問間違った場合、前者の方が得点は高く計算されます!

見極めるには問題用紙にSPI2-RやSPI2-Nと記載されていれば誤謬率をよういて得点が計算されます!
また試験監督が「この問題は誤謬率をよういて採点します!」といったり「1問も飛ばさずに回答して下さい」と言う自治体もあります。

SPI試験対策方法

SPIはタイムを計り勉強するのみです。
非言語問題の場合1問1分言語問題の場合は長文などの時間がかかる問題以外は10秒で解く練習をしましょう。

問題的には非言語問題は数的に比べはるかに簡単なので解けると思います。
言語問題に関しては公務員試験にはない言葉の意味や文法などが出てきます。
なので暗記が必要になってきます。
沢山の言葉の意味を知りましょう。

他の受験生に勝つために

私の意見になりますが、非言語に関しては余り点差はつかないと思っています。
よって言語分野でどれだけ解く事ができるか?これがカギになると思います。
言語問題は知っているか、知らないか?といった問題なので、沢山暗記する事に尽きます。そして言語分野の中でも文法問題は点差がつきやすい為しっかり覚え間違えずに解く事が大切です。

まとめ

まとめとしては問題を速く迅速に解く!これだけです。
私もSPI試験を受けて感じたことですが、周りの受験生は全問回答する受験生が大勢います。
「すごいなー」って感じでした。
しかし合格すれば良いだけなので全問回答しなくても良いと思います。
諦めずに最後まで1問でも多く解く事です。

備考になりますが、公務員予備校にはSPI講座を開講している予備校があります。
SPIに自信が無い方はこのような講座を受講する事も良いでしょう。
SPI講座を行っている予備校は(校舎によりますが)

東京アカデミー


公務員【資格の大原】
等があります。参考にしてみて下さい!

スポンサーリンク

オススメ参考書

これが本当のSPI3だ!洋泉社
SPI最強問題集 大和書房←非言語に関してはこれだけでも十分ですが 言語に関してはこれ以外にやった方が良いです。

[テストセンター対応]これが本当のSPI3だ! 【2015年度版】

中古価格
¥1,160から
(2014/6/23 22:28時点)

有名な予備校の公務員講座一覧

公務員予備校
公務員講座を開講している大手予備校の特徴をまとめました。公務員予備校に興味のある方はコチラの記事も読んでください。
資料請求しておくと便利!
1、興味がある予備校の資料を請求しておく事で他校との比較がしやすく、自分に適した予備校が選べ、予備校選びに失敗しない。
2、模試などの年間日程が記載されている為、他の予備校で模試を受けようと思っている方は資料請求しておくと予定が組みやすい
3、最近の筆記試験の傾向や面接試験の傾向などが記載されている事が多いので為になる。
公務員予備校の一括資料請求はコチラ

ページの先頭へ