【EYE】公務員講座の評判・口コミ・学費などを詳しく調べてみた

公務員予備校EYEの資料

公務員予備校EYEについて特徴・口コミ・学費など徹底的に調査しました。公務員予備校EYEの講座を受講しようか 検討している方はぜひ参考にしてください。

EYE
校舎住所
東京本校東京都千代田区神田猿楽町2-7-6【TK猿楽町ビル】
池袋本校東京都豊島区南池袋2丁目32-13【タクトビル5階(受付)】
渋谷本校東京都渋谷区渋谷2-10-15【JPLビル3階(受付)】
タイプ通学、通信

EYEが少しでも気になったといった方は資料を請求してみて下さい。EYEの個別相談もおすすめで公務員試験に関する不安や悩みを完全無料で相談できます。※自宅からでも可能

EYEの特徴

公務員予備校EYEってどんな予備校?といった方へ向けて、魅力や他校との違いを記載しました。

  • 最終合格率が高い
  • 担任、講師の面倒見が良い
  • フレキシブルな受講スタイル
  • イベントが豊富

最終合格率が高い

公務員予備校EYEの資料

2020年度EYEの最終合格実績ですが、受験者数260名(EYEで個別相談を3回以上受けて受験した人)の中で226名が1次試験突破、最終合格者数167名となっています。 合格率で表すと1次試験合格率86.9%、最終合格率64.2%と非常に高い合格率を誇っています。

1次試験合格率86.9%という数字も公務員予備校の中では良い成績ですが、最終合格率64.2%は驚異的な数字です。合格率は間違いなくトップクラスといっても過言ではないでしょう。

担任、講師の面倒見が良い

公務員予備校EYEの資料

EYEの魅力の一つとして担任、講師の面倒見が良いといった特徴があります。個別指導はもちろんですが、LINEやメールで気軽に相談できたり、少人数制なので 講師に相談しやすい環境が整っています。

私もEYEの職員とやり取りした事があるのですが、親切で熱い方が多いように感じました。

その他、個別授業の時間を設けており、苦手とする分野、科目を1コマ45分、2コマ連続1回90分で個別に授業を受ける事ができます。

集団講義だと解らなくても授業はドンドン進むので、苦手な所を個別でフォローして貰えると心強いですよね。

他の予備校では集団講義後、解らない所を講師に数分間質問する程度なので、EYEの個別授業は魅力的だと思います。

フレキシブルな受講スタイル

公務員予備校EYEの資料

EYEでは柔軟で多様な学習環境が整っています。例えばEYEはどの校舎でも自由に利用する事ができます。多くの方は同じ校舎を利用する事がほとんどだと思いますが、大学の帰りはA校舎の自習室で学習、自宅から通う時はB校舎で講義といったようにライフスタイルに合わせた学習を行う事ができます。

また生講義、DVD受講、オンライン受講と1つの形にとらわれない学習が可能です。

イベントが豊富

EYEではボランティア活動や交流会といったイベントを数多く行っています。現職公務員とお話するイベントや各自治体の説明会は他の予備校でも行っていますが、ボランティア活動や受講生同士の交流会を行っている予備校は少ないです。

受講生同士で仲良くなるとモチベーションが上がったり、試験に関する1次情報が入ってきたり、集団討論の練習が出来たりと様々なメリットがあります。ボランティア活動は経験しておくと志望動機作りの材料になったり、面接でも必ず活きてきます。

この様に公務員試験において役立つイベントを多く行っている事も最終合格に繋がっているのかもしれません。

EYEの学費

費用はコースや年度にもよって変わる為、あくまでも参考程度に見て下さい。

EYEの学費
コース総コマ数学費合計大学生生協等の代理店割引後の受講料
教養シンプルコース321コマ188,442円(税込)179,000円(税込)
教養+専門シンプルコース567コマ286,316円(税込)272,000円(税込)
専門シンプルコース343コマ214,737円(税込)204,000円(税込)

EYEはフォローが充実している為、学費は高いのだろうと思っていたのですが、それ程高くなく一般的な公務員予備校の費用です。

EYEの評判や口コミ

実際に通学されていた方の口コミを記載しました。是非参考にして下さいね。

EYEでは、ボランティア体験や交流会を通じて受講生の絆を深める機会があり、そこで同じ目標に向かう友達をつくることができます。
試験科目の講義だけでなく、面接に向けた講義や勉強方法の講義では、グループワークも多く、そこで仲良くなることもありました。
また、前年度に合格された先輩方からアドバイスを頂ける機会が何度かあり、先輩とお話をすることで勉強に対する不安が解消されました。
同じ大学の先輩でなくても自分が目標とする合格先に合格された先輩とお話しできたことは、とても励みになりました。
【最終合格先:特別区Ⅰ類、国税専門官、国家一般職】
自分のペースで進められるということや、不安があれば岡田先生の個別相談ですぐに相談できたということ、「チューターゼミ」などを通じて先輩方の生の声を聴くことができる機会が多かった点がよかったです。
学校が忙しく、生講義に参加できなくてもDVD視聴で追いつくことができましたし、勉強のペースが分からなくなっても、その不安をすぐに解消できたのでいつも安心して勉強を進めることができました。
個別授業を利用して、分からなかった問題をまとめて解決でき、分かる問題が増えていく喜びも感じられました。
また、チューターさんや現職の方のお話を聞ける機会が多いことで、勉強方法の相談ができたり、モチベーションを上げることに繋がりました。
【最終合格先:最終合格先:横浜市(大学卒程度)、特別区Ⅰ類】
私はプレミアム10といったコースに入っていましたが、特に役立ったのが面接対策です。
個別授業と聞くとほとんどの人は筆記対策として、勉強してわからなかった箇所を講師の先生に質問すると思いますが、私は違いました。警察・消防に関していえば、筆記がそれほど重要視される事はなく、面接で合否が判断されると言っても過言ではありません。
その為、私は個別授業で面接の練習を沢山させてもらいました。中でもお世話になった先生がいて、面接内容が全然仕上がってなかった私を見て、夜遅くまで真摯に向き合い、最後まで丁寧に指導して下さりました。
EYEの「週間学習実績表」が学習スケジュールを決めるうえでとても役に立ちました。
私は2月に講義が始まってから筆記試験が終わるまで「週間学習実績表」に記録したのですが、これは心配性な人にとっては不安を軽減することができます。
さらに、客観的に自分の勉強を分析することができるので、「何を勉強しなければいけないのか」「合格するためには何が必要なのか」を理解することができます。
【最終合格先:特別区Ⅰ類、横浜市(大学卒程度)】
個別相談を無料で何回も受けられたのが良かったです。自分の勉強方法が合っているのか、進行具合は問題ないかなど確認する事で不安を解消出来ました。
先生に面接練習を何度もさせて頂いた事も良かったです。
「特に問題ない、大丈夫だと思う」といって頂いてから最終面接に挑んだので本番は堂々と話せました。

他の受講生の感想も拝見しましたが先生との距離が近い、アットホームで相談しやすいなど講師、生徒が一丸となって公務員試験合格といった目標に向かっているなと感じました。

まとめ

EYEは全国規模の予備校ではありませんが、フォロー体制がしっかりしており、高い合格実績を誇る予備校です。東京近辺で公務員予備校を探しているのであればEYEを 視野に入れてみてはいかがでしょうか。自信を持ってお勧めできる予備校です。

EYEが少しでも気になったといった方は資料を請求してみて下さい。EYEの個別相談もおすすめで公務員試験に関する不安や悩みを完全無料で相談できます。※自宅からでも可能

有名な予備校の公務員講座一覧

公務員講座を開講している大手予備校の特徴をまとめました。公務員予備校に興味のある方はコチラの記事も読んでください。
資料請求しておくと便利!
1、興味がある予備校の資料を請求しておく事で他校との比較がしやすく、自分に適した予備校が選べ、予備校選びに失敗しない。
2、模試などの年間日程が記載されている為、他の予備校で模試を受けようと思っている方は資料請求しておくと予定が組みやすい
3、最近の筆記試験の傾向や面接試験の傾向などが記載されている事が多いので為になる。
公務員予備校の一括資料請求はコチラ

ページの先頭へ