公務員試験の模擬試験おすすめの予備校は?

模擬試験について

はじめに模試は必ず受けるべきです。現時点で自分はどのくらい出来ているのか?出来ていないのか?が 分かりますし。どの分野が苦手でどの分野が得意かが解ります。

また模試を受けるのであれば、予備校で受けた方が良いです。公務員試験の模試って自宅で行えるプランもありますが、 自宅で模試を受けてしまうと会場の雰囲気であったり、時間配分などを疎かにしてしまう可能性がある為、あまりお勧めできません。

よって予備校へいき本試験に似たような環境で模試を受けるのがベストです。

費用は1回でだいたい4,000円程度です。予備校によって教養試験のみ、専門試験の模試、専門記述の模試 論文の模試、など様々あります。自分の受験する自治体試験と関連する模試を1回は受けておくことをお勧めします。

どこの予備校の模試が良い?

私はLECとTACと大原しか模試を受けた事が無い為、その他の予備校の感想は書けませんが、それ以外も調べたので参考にしてください。また資料を請求しておくと模試の年間実施日程等が記載されている為模試を受けるようと検討されている方は資料請求しておくと便利です。

LEC

レックは正直、模試に関してあまり良い印象はありませんでした。講義や通信は良かったのですが・・・
レックをお勧めしない理由はクイックマスターや自社のテキストからランダムに問題が出る点です。

これであればクイックマスターや自社のテキストで勉強を行っているレック生の点数が高くなる事が考えられる為、自分のレベルを把握 しにくいのではないかと思われます。

ただし無料で模試を行っていたりもするのでチェックすべき予備校です。

LEC公式サイトはコチラ

TAC

若干難しい感じはありましたが、良い模試だと思います。TACは回答が親切でわかり易いです。お勧めできる模試です。TACは特別区の 合格率も高く、公務員受験者も数多く模試を受けている為、自分の実力を把握するといった意味では良いと思います。

TAC公式サイトはコチラ

東京アカデミー

東京アカデミーの模試を受けた事はありませんが、東京アカデミーのテキスト的中率や合格率などを考えると受けておいても損はないと思います。特に教員を目指されている方は教員合格者の多い東京アカデミーの模試は受験する事をお勧めします。

東京アカデミー公式サイトはコチラ

大原

大原の模試もお勧めです。問題は若干簡単に作られていましたが、自治体試験に近い内容の問題だと個人的に感じています。解答用紙のコメントもしっかりしている為お勧めできます。

公安系や自治体のC日程で受験を考えている方にとっては良いと感じています。

公務員資格の大原公式サイトはコチラ

模試の有効活用編

まず模試の結果については気にする必要ありません。点数が悪くても良くても最終的に合格するかは別物です。結果よりも どうすれば次につながるのか考える事が大切です。

全ての予備校の模試についてはわかりませんが、多くの予備校の模試では正解率が出ます。

例えば
1問目、人権問題、正解率50%
2問目、憲法問題、正解率40%
この様な形で受験者の中で正解した人が何%いたのかを教えてくれます。

あなたが正解率50%以上の問題を間違えていたら、その問題を理解し解けるようにしましょう。正解率50%以上の問題は落としてはいけない問題です。 マニアックな問題ではなくオーソドックスな問題なので、正解できる問題なのです。よって模試で正解率50%の問題は覚えて 対策です。

次に時間配分には慣れましょう。
試験は大体2時間40問です。

私の場合は社会科学 人文科学 自然科学、約20問を30分で終わらせ、
文章理解8問を30分かけて解きます。
最後に数的処理12問を60分かけて解いていました。

はじめのうちは全て時間内に解くことが難しいと思いますが、慣れです。
模試を受け続けていくうちに全て時間内に解けるようになってきます。

まとめ

模試は受けましょう。そして正解率の高い間違った問題は復習する事。ペース配分を考え戦略的に攻める事。
試験になれる事。その為、自宅受験よりも会場で受ける事がおすすめです。

公務員予備校は様々な模試を行っています。各予備校の公式ページでいつ行われているか確認し是非受けてみて下さいね。

有名な予備校の公務員講座一覧

公務員予備校
公務員講座を開講している大手予備校の特徴をまとめました。公務員予備校に興味のある方はコチラの記事も読んでください。
資料請求しておくと便利!
1、興味がある予備校の資料を請求しておく事で他校との比較がしやすく、自分に適した予備校が選べ、予備校選びに失敗しない。
2、模試などの年間日程が記載されている為、他の予備校で模試を受けようと思っている方は資料請求しておくと予定が組みやすい
3、最近の筆記試験の傾向や面接試験の傾向などが記載されている事が多いので為になる。
公務員予備校の一括資料請求はコチラ

関連記事

公務員試験独学か予備校か

準公務員求人探し方

ページの先頭へ