東京アカデミーとLECの公務員講座を比較するならココ

東京アカデミーTAC比較イメージ

東京アカデミーとLECの公務員講座を比較しました。私は長い間、東京アカデミーとLECの情報を追ってきましたが、両校ともに人気があり、しっかりした予備校であることは間違いありません。

なので両校ともにお勧めなのですが、受ける試験の種類、受講する地域によってどちらが良いか分かれてくる事も事実です。

当サイトはしっかり情報収集し、情報を提供していますが、最終的には資料を請求し見学に行ってから決断して欲しいと思っています。 その方が後悔しません。

その事を踏まえた上で当サイトを参考にして頂ければ嬉しいです。

東京アカデミー公式サイトはコチラ

LEC公式サイトはコチラ

東京アカデミーとLECを比較

東京アカデミーTAC比較イメージ

まず東京アカデミーとLECの大きな特徴について記載します。東京アカデミーは生講義に力を入れている予備校です。生講義を重視する理由は聴覚、視覚、触覚を働かせながら学習出来る為、記憶に定着しやすいといった事が挙げられます。

また最新の情報をいち早く取得できる事も生講義の魅力です。

対するLECですが、大きな特徴は法律科目に強いといった点が挙げられます。LECは毎年トップ合格者を輩出していたり、多くのコースを開講したりと特徴は色々ありますが、LECの一番の強みは法律科目に強い事だと私は考えています。

私はLECに通っていましたが、法律科目の講師は教え方が上手でした。おそらくLECは法律科目の資格試験に強い予備校なので、法律を得意とする講師が多いのだと考えています。

毎年、国家公務員、地方上級の試験でトップ合格者を輩出するのも法律科目の多い、専門試験に強いからなのではないかと考えています。

東京アカデミーは生講義でしっかり記憶に定着させる。LECは法律科目に強いといった事が両校の大きな特徴です。

それを踏まえた上で東京アカデミーとLECの資料や実体験を基に教材、学費、評判などを比較したので是非参考にしてみて下さい。

教材を比較

教材を比較
比較東京アカデミーLEC
テキスト名出たDATA問LECオリジナル教材、クイックマスター
特徴本試験的中率が高いLECオリジナル教材は図解が豊富で解りやすい。クイックマスターはスーパー過去問を少し簡単にした感じ

東京アカデミーの教材の特徴は本試験的中率が高い点です。東京アカデミーの試験研究部スタッフが総力を集結して作られたオリジナルの教材で、受講生から試験の聞き取り調査を行い、それを基に作られています。

公務員試験において重要な時事問題の本試験的中率は高く、7割以上的中しています。

LECのオリジナル教材はイラストや図解を豊富に使い、解り易いです。クイックマスター(問題集)はスーパー過去問を簡単にした感じです。

基本的なコースではこれらを中心に学習していく事になりますが、地域に特化したコース、または講師によってはスーパー過去問を中心に学習する事もあります。

教材に関してどちらが良いのかは一概には言えないのですが、専門試験のある自治体を受けるのであればLEC、教養試験のみであれば東京アカデミーの教材が良いのではないかなと考えています。

面接対策を比較

面接対策
比較東京アカデミーLEC
特徴エントリーシートから面接対策までしっかりしているリアル面接シュミレーション

東京アカデミーの面接対策はエントリーシートからマナー、実践までしっかりカリキュラムが組まれており安心して対策できると思います。対するLECの面接対策ですがリアル面接シュミレーションといって模擬面接を動画で撮影し自分を客観的に見る事ができます。

ただ個人的にはリアル面接シュミレーションは数回のみ行い、後は担任の講師に面接対策を行って貰った方が良いと思っています。リアル面接シュミレーションは面接官が変わるたびに意見が異なるので、正解が解らなくなり混乱すると思います。

面接対策に関しては東京アカデミーの方がお勧めです。

気になる合格者数は?

最終合格者数
比較東京アカデミーLEC
最終合格者数(2019年度)2,820名不明

2019年の東京アカデミーの最終合格者数は2,820名(東京アカデミーコース生のみの人数)です。 対するLECの最終合格者数は不明でした。LECはダブルスクールや単発コースが多く、しっかりした最終合格者数を把握する事は難しいと思います。

私が通っていた当時は受講生のだいたい2割くらいが最終合格していたなといった感じです。ただ傾向として公安系の合格者は東京アカデミーが多く、地方上級や国家公務員系はLECの方が最終合格者は多いです。

学費を比較

学費
比較東京アカデミーLEC
教養コース236,000円200,000円
専門+教養コース288,000円324,000円

学費は校舎やコース(沢山のコースがある)によって変わってくる為、比較する事は難しいのですが、東京アカデミーの方が少し高いと考えて問題ありません。上記の表をみると専門+教養コースは東京アカデミーの方が安いですが、東京アカデミーには全日制コースがありそちらはLECよりも高くなります。

評判を比較

評判
比較東京アカデミーLEC
国家系普通普通
公安系満足度高め普通

公安系や市役所を受験した友人、知人は東京アカデミーに通って良かったといった意見を多く聞きました。対するLECの評判はバラバラです。良かったといった人も良くなかったといった人もいました。

通学経験のある私の意見は行って良かったと感じています。最終合格には至りませんでしたが、LECに通ってから筆記試験に数回合格し面接も通過出来たからです。

あと一般教養を再勉強した事によって知識がかなり増えました。

最後に

まとめ
比較東京アカデミーLEC
教材公安系におすすめ国家地上におすすめ
面接対策良い微妙
合格者数2,820名不明
学費少し高い安い
評判公安系志望者からの評判が良いバラバラ

最後にまとめましたが公安系、地方の自治体なら東京アカデミー、国家、地上ならLECが良いと思います。ただ冒頭にも記載しましたが、受ける試験の種類、受講する地域(校舎)によって違いがあります。なので、校舎が通える範囲に両校ともあるのであれば、どちらも資料を請求し実際に見学して納得した方を選んでください。

そうする事で後悔しない公務員試験生活が送れると思います。ぜひ最終合格して立派な公務員になって下さいね。

東京アカデミー公式サイトはコチラ

LEC公式サイトはコチラ

公務員予備校を検討している方へ
クレアール資料

公務員講座を開講している大手予備校の特徴をまとめました。公務員予備校に興味のある方はコチラの記事も読んでください。
資料請求しておくと便利!
1、興味がある予備校の資料を請求しておく事で他校との比較がしやすく、自分に適した予備校が選べ、予備校選びに失敗しない。
2、模試などの年間日程が記載されている為、他の予備校で模試を受けようと思っている方は資料請求しておくと予定が組みやすい。
3、最近の筆記試験の傾向や面接試験の傾向などが記載されている事が多いので為になる。

受講料が安い予備校を探している方へ
クレアール資料

通信でも問題なくかつ受講料が安い予備校を探しているならクレアールがおすすめです。
10万円台で受講できます。
またお試し受講ができる為、資料を請求しお試し受講する事で納得したうえで受講できるため安心です。

ページの先頭へ