公務員予備校はいつから通うのがベスト?時期や期間

公務員予備校いつから

公務員予備校はいつから通うのが良いのか?といった疑問に対する答えですが、一般的には1月か4月に受講する方が多いです。 しかし、私の考えではありますが、第一志望に合わせて予備校をいつから通うか決めた方が良いと思います。

予備校通学時期の決め方

志望先の一次試験日程は、A日程、B日程、C日程、なのかを把握し、その日程の1年前に受講する事がベストだと思っています。

公務員試験はフルマラソンです。最低でも1年間は勉強する時間が欲しいです。 まず1年は勉強する期間が必要だといった基準で受講時期を決めると良いでしょう。

受験先の試験内容を調べる

受験先の試験内容は教養試験のみなのか?専門試験も入ってくるのか?によっても予備校にいつから通えば良いかが変わってきます。

「教養試験のみなら、半年の勉強期間で大丈夫」であったり、「1年は勉強期間が必要だ」といった意見はありますが、 私の場合、教養試験のみでも1年の勉強期間、専門も入れば1年半の勉強期間が必要でした。

よって自分の受験先の試験内容を把握し、予備校へ通う時期を決めましょう。

大学生の場合

大学生の場合は、3回生の春(4月)から受講する方が多いです。若しくは2回生の1月から受講する方が 多いです。

勉強が得意な方は試験の半年前から勉強を始め合格する方もいますが、多くの方は本試験の1年前、もしくは、2年前から受講し勉強を始める方が多いです。

大学生・大卒向けお勧めの公務員予備校

社会人の場合

社会人の方は公務員になりたいと思えば、すぐにでも受講する事をお勧めします。社会人の方は勉強する時間を 確保する事が難しい為、はやめはやめに試験対策を行った方が良いです。

予備校に通えば 捨て科目であったり、受験先自治体の傾向を教えてくれる為、無駄な勉強をせずに済みます。

社会人で公務員に転職したいといった方は、予備校へ通い無駄な勉強をしない事が合格への近道だと考えています。

社会人や経験者採用向けの公務員予備校!おすすめは?

公務員予備校通学時期の注意点

受講時期を考える上での注意点は、予備校により講座開講時期がバラバラだという点です。

例えば、東京アカデミーに通うと決めていても、講座開始時期が自分の通学したい時期と異なれば、初めから講義を受けれない為、勿体ないです。
(予備校にもよると思いますが、途中から通学する事も可能な予備校はたくさんあります)

よって興味のある予備校の資料を請求し、講座開講時期は調べておきましょう。

最近の予備校の傾向

大手予備校では、大学2年生コースや大学3年生コースなど沢山のコースがあります。

例えば大阪には北摂共採試験といった北摂地方の市を一斉に受けれる試験があり、予備校によっては北摂共採コースがあります。

自分の受験する自治体が決まれば、その都道府県内にある予備校のどのコースで受講するか検討すると 良いと思います。

基本的には専門科目も勉強しなければいけないのか?教養科目のみでいけるのかを調べ、教養のみであれば教養のみのコース、専門科目もあれば 専門+教養コースを受講すれば良いでしょう。

まとめ

公務員予備校に通学する時期っていつからが良いか迷いますよね! 基本的には自分が受験する時期の1年前がベストです。 早くても問題はありません。

しかし遅ければスケジュールがハードになり大変です。 よって私の意見は、本試験の1年前が良いと考えています。

私が予備校に通学して良かったなーと思った点は勉強するポイントがピンポイントで解る為、勉強量が少なくて済む事。

試験情報や穴場試験など情報量が圧倒的に多い事。

同じ志をもった友達ができモチベーション維持や面接対策が行いやすい事などです。 予備校に通学すると決めたら早目に資料を請求して色々な予備校をみて自分にあった予備校を選びましょうね!

有名な予備校の公務員講座一覧

公務員講座を開講している大手予備校の特徴をまとめました。公務員予備校に興味のある方はコチラの記事も読んでください。
資料請求しておくと便利!
1、興味がある予備校の資料を請求しておく事で他校との比較がしやすく、自分に適した予備校が選べ、予備校選びに失敗しない。
2、模試などの年間日程が記載されている為、他の予備校で模試を受けようと思っている方は資料請求しておくと予定が組みやすい
3、最近の筆記試験の傾向や面接試験の傾向などが記載されている事が多いので為になる。
公務員予備校の一括資料請求はコチラ

関連記事

公務員試験独学か予備校か

フリーターでも公務員になれますか?

ページの先頭へ